KasperskyによるWindows10批判の件、まだ続きがあった模様

過去の記事

mokake.hatenablog.com

mokake.hatenablog.com

の続きです。

共同で…と言っていたはずですが、Kasperskyがヨーロッパ(EC(欧州委員会)とドイツのカルテル局)で提訴しました。

カスペルスキーマイクロソフトアンチウイルスソフトを停止させたとして反トラスト提訴」

www.theverge.com

これに対してマイクロソフトは反論。

マイクロソフトからカスペルスキーへ:Windows 10のアンチウイルス関連の挙動は競争法に違反していない」

news.softpedia.com

また、つい最近、マイクロソフト側で出たこの記事も、本件に関するものと考えられそうです。

Windows 10の顧客を守るため、アンチウイルスの関係者一同と協力しています」

blogs.technet.microsoft.com

中身は別段目新しくないのですが「顧客を常時保護する(always on customer protection)」ことを重視している、というのが基本的な主張となります。

Kasperskyの主張のうち「他社のアンチウイルスが期限切れになると、すぐにWindows Defenderが代わる」ことについては、個人的には、莫大なWindows利用者を保護する価値が優先されるべきではないか、と感じます。