読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウクライナの砲の動きは、Androidマルウェアで追跡されていた

「『Fancy Bear』ハッカーグループ、Androidマルウェアウクライナの砲を攻略」

news.softpedia.com

偶然なのですが、2件続けてウクライナ関連です。

ウクライナの砲( D-30 122mm榴弾砲 )が、2014年以来、追跡されていたことが判明しました。これは、X-Agentバックドアに感染したAndroidアプリを通じたものです。このアプリはウクライナの軍人用フォーラム(利用者9000名ほど)で配布されました。

ウクライナで使われる砲撃システムは、一部の機能を使うのにAndroidバイスを使うらしく、そこに侵入したようです。この「機能」は、標的を狙う時間を分単位から15秒以内に縮めるというもの。

侵入したのはFancy Bearグループとされています。彼らはロシア政府とつながっており、榴弾砲から得られた場所などのデータはロシア軍に送られ、ウクライナ内戦で使われたものと考えられています。