読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScriptで視線追跡

「WebGazer.js:ブラウザ上でのウェブカメラによる視線追跡機能をみんなに」 https://webgazer.cs.brown.edu/

JavaScriptライブラリ1つで、ウェブカメラ画像から「どこを見ているか」をリアルタイム取得するというもの。特筆すべきは自動補正機能で、マウスカーソルの動きやクリックから、スクリーン上の見ている先の精度を勝手に高めることができます。

あくまでカメラへのアクセスを許可しないと動作しないので、知らないうちに撮影され、視線も追跡されていた、ということはないと思いますが(脆弱性がない限り)、カメラを動かすということの意味を考えるいい機会になるんじゃないでしょうか。スマートフォンアプリが内側カメラをどう使っているのか、とか……。