IoTな「スマート」ディルド、セキュリティの杜撰さを指摘される

「脆弱なWiFi搭載ディルド・カメラ・内視鏡。本当ですよ」 www.pentestpartners.com 米Svakom社のSiime Eyeというディルド(写真はリンク先記事を参照)は、カメラとLEDを搭載しビデオ撮影ができるのだそうです。さらに近くのPCやスマートフォンにストリーミ…

PCを修理サービスに出す際はご注意を。

米国の家電量販店Best Buyには、修理部門「Geek Squad」(日本語なら「オタク分隊ですかね)があるそうです。もし、ここに修理に出した後で、ハードディスクの中身を調べられるとしたら……。 「FBIが児童ポルノを探すためにGeek Squadの『密告者』に金を払っ…

米のISPプライバシー問題への反撃

米国での、プロバイダがブラウズ履歴などを自由に使って広告できるようになった問題について、対策が出てきています。 履歴を撹乱するツールたち 「プライバシー規制を抹殺する投票を受け、ユーザ達がウェブアクセス履歴の『汚染』を試みる」 arstechnica.co…

米携帯キャリアVerizon、広告配信アプリをプリインストール

米国では、プロバイダが利用者のアクセス履歴に基づいて広告を行うことが許可されました(上院、下院に続いて大統領署名も完了)。 一方、それでも不十分ということなのか、携帯キャリアVerizon(米Yahooの買収交渉中)は、AppFlashというアプリをプリインス…

スマートTVの大半は「電波で」クラックできる(※主にDVB-T方式)

たぶん日本ではあまり多くなさそうな印象を受けるのですが、海外には結構な数の「スマートTV」があるそうです。 これまでも、(先日のVault7で明らかにされたCIAのものも含めて)スマートTVのクラックは可能でしたが、それらは全て、物理的な接触が前提でし…

「東方星蓮船」ランサムウェア作者、謝罪する

先日のこの件ですが。 mokake.hatenablog.com 実際には冗談では済んでませんでした。後に作者から謝罪が出ました。 rensenWareプロテクターが来ました。このリンクにいます。https://t.co/UUVa3yXDPu … 東方のみなさん、本当にすみませんでした!— Tvple Era…

VRでも広告

「HTCいわく、VRの世界にも広告からの逃げ場はない」 arstechnica.com 盛り上がってるのか盛り上がってないのかよく分からないVR界隈ですが、Viveを出しているHTCが、VR広告サービスを発表しました。 HTCのページには「(VR内広告は)ユーザが見たか、それと…

「『東方星蓮船』ルナティックで2億点とらないと解放されないランサムウェア」はジョークです。

www.4gamer.net といった記事が出ていますが、既にこの件はジョークであることが明言されています。 www.bleepingcomputer.com ちなみに、この「ランサムウェア」は、シャドウ・コピーを削除しません。つまり、もし仮に本気のランサムウェアだったとしても、…

SymantecのSSL事業、APIの脆弱性を指摘される

Googleからの件もあったSymantecのSSL/TLS事業ですが(あれはあれで他はどうなのかとかあるようですが)、セキュリティ研究者のChris Byrne氏から、少なくとも2015年にはAPIに不備があり証明書が盗めた、という指摘が出ています。 (元の指摘:Facebook上で…

Mirai派生ボットネット、米大学を攻撃

「Miraiの新たな派生、54時間にわたって米大学にDDoS攻撃」 https://www.incapsula.com/blog/new-mirai-variant-ddos-us-college.htmlwww.incapsula.com しばらくニュースになっていなかったMiraiボットネットですが、実際には色々と使われているようです。 …

Windows10の基本テレメトリ項目、公開される

Windows 10の問題の1つであるデータ収集について、ついにMicrosoftが基本項目を公開しました。 「Windows 10 バージョン1703(Creators Update)の基本診断イベントならびに項目一覧」 technet.microsoft.com ページを開くと、内容を見なくても分かる通り、す…

マイクロソフトのDocs.comで大量の機微情報が見つかる

「マイクロソフトのDocs.comで情報暴露:利用者が意図しない、機微文書の公開」 arstechnica.com 「Dox」と「Docs」をかけたタイトルがミソなのですが、日本語には反映できませんでした……。 3月25日の話ですが、マイクロソフトの文書共有サービスDocs.comで…

米で「議員のブラウズ履歴を買おう(※)」というクラウドファンディングが発生

米国では、上院に続いて下院でも、プロバイダ(ISP)が顧客のネットアクセス履歴を用いた広告の展開を認める法案が可決されました。あとは大統領署名により施行されることになります。 この動きに対して「議員たちのブラウズ履歴を購入、公開してやろうぜ」…

スマートフォンのMACアドレスランダム化、ハックされる

「研究者、MACアドレスランダム化を破る。テストで100%の追跡に成功」 www.bleepingcomputer.com 「ストーカーからMACアドレスを守るのは難しい。特にAndroidは悲惨」 arstechnica.com 元論文(PDF) スマートフォンで無線LANをONにしていると、周囲のアクセ…

匿名の脅迫者、iCloudで足がつく?

「Twitter上でのジャーナリストへの脅迫者、iCloudにより身バレか」 www.theverge.com NewsweekのジャーナリストKurt Eichenwald氏に対して脅迫ツイートを送る事件があったのですが、先日、この事件に関して容疑者が逮捕されました。 この脅迫、徹底した匿名…

Chrome、段階的にシマンテックのEV証明書を制限

「Google、3万件の不適切なHTTPS証明書発行によりSymantecに懲罰」 arstechnica.com 「Google Chrome、3万の不適切なEV証明書の発行でSymantecのSSLを信用外扱いへ」 thehackernews.com 両記事のタイトルでわかる通り、Symantec(および子会社)によるTLS EV…

米ミネソタ州の地裁、Googleに「ある名前を検索した全員」の氏名などを要求

「ミネソタ州の判事、『とある人物の名前を検索した全員の個人情報』をGoogleに要求する令状に署名」 tonywebster.com 米のミネソタ銀行で、送金詐欺事件が発生しました。被害額は2万8500ドル。 地元警察が調べたところ、この詐欺事件で使われたパスポート(…

Wikileaks、Vault7詳細情報について、開発元への開示条件を指定

Wikileaksによる「CIAの内部情報」とされるVault7ですが、そこに含まれる脆弱性関連情報について、開発元(Microsoft, Google, Apple,……)との共有に関して条件を指定している、という記事をMotherBoardが公開しています。 「Wikileaks、要求が受け入れられ…

Intel SGXからのデータ奪取手法が開発

Intel SGX(ソフトウェア保護拡張)は、つい最近までは知名度が低かった技術だろうと思いますが、UHD BD再生をPioneerのドライブで行うために必須な要求になったことで知られつつあります。 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/4kshugyousou/1048284…

NSA版twitter、利用者は6万人超(2013年末)

「NSAの『スパイ向けtwitter』、6万以上の利用者」 motherboard.vice.com 米国の諜報関係者向けには、よく見るWebアプリケーションのそっくりさんがあるそうです。 Intellipedia:「スパイのためのWikipedia」 eChirp:「スパイのためのTwitter」 A-Space (A…

女性芸能人の自撮り画像流出「Fappening」、再び

2014年に、ジェニファー・ローレンス氏など多数の女性芸能人の裸の自撮り(など)が流出した事件「The Fappening」を覚えていますか?(ちなみに犯人は逮捕されています) この数日、あの事件が再び「The Fappening 2.0」として発生しています。 「『Fappeni…

いまさらですがVault7について

WikileaksがCIAの秘密情報「Vault7」を発表して1週間以上が経過しました。 Wikileaks側が結構煽るスタイルをとっていることもあり、それをそのまま報じるところも多い印象ですが、実態としては「こんなもの?」というのが率直なところです。 Vault7で暴露さ…

デジタル・セキュリティが実際に問題になる時

先日、JavaによるWebアプリケーション・プラットフォームApache Struts 2の脆弱性に対する修正があり、あわせて実際の攻撃が多数観測されました。 www.ipa.go.jp おそらく、この問題によると思われる事象が、国内でも多数発生しており、しかも明らかに実害が…

米でサイバー攻撃への反撃を認める法案が提出

「サイバー攻撃の被害者に、攻撃側への攻撃を止めるためのハッキングを認める法案が提案される」 www.bleepingcomputer.com 米国のコンピューター詐欺ならびに悪用対策法(CFAA)に対する改正案が提出されました。修正案はACDCといいます。ACDCはActive Cybe…

Windows10のエクスプローラ広告を消す設定

Windows10は、広告に関して、OS内部に広告を導入するという、Android以上のアグレッシブさを見せていますが、先日「ついにエクスプローラにも」という話題が出ました。 gigazine.net この広告を消す設定は、英語記事だといくつか見つかるのですが、日本語だ…

Subway、鶏肉50%報道に別方式の試験結果で反論

先日、カナダのテレビ局CBCが、「Subwayのチキンは実際の鶏肉が50%程度」と述べて、大いに話題になりました。 gigazine.net この件については、当初から「DNAの量で元の成分の分量を推定することはできない」という意見が出ていました。 science.srad.jp 海…

移民の電話やPCのデータを押収する法案、ドイツで提出

「ドイツ、電話やノートPCのデータを移民申請者から押収へ」 www.theverge.com ドイツは、2015年に大量の移民を受け入れたものの、その後国内では移民問題が噴出しています。そんな中、内務省から新しい法案が提起されました。 この法案は、ドイツへの入国を…

WDの「My Cloud」シリーズNASに特大の脆弱性

Western Digitalは「My Cloud」という名前を2種類の意味で使っています。 ウェブサービス My Cloud NAS製品 WD Cloudシリーズの製品名(多数あり) このうち後者の製品は、「NASを外からでも手軽に使える」というタイプのものです。 trendy.nikkeibp.co.jp w…

Googleの荒らし抑止システムPerspective、簡単に突破される

先日、Googleが荒らし抑止を狙ってPerspectiveというAPIを出してました。 www.itmedia.co.jp 既にNYTimesやWikipediaでも使用されているというこのPerspectiveですが、あいにく簡単に破れることが判明しました。 「Googleの対荒らしAIはタイプミスが弱点、研…

Google、携帯キャリアとネットワークインフラ技術で提携

「新世代モバイルネットワークに向けた提携について」 blog.google Googleは、複数の携帯キャリア(インドBharti Airtel、韓国SK Telecomを含む)との間で、ネットワークサービスのインフラに関して提携を行うと発表しました。 詳細は不明ですが、本文にある…

Chromeバージョン56、BlueCoat等のプロキシ環境下で接続不能に

「Chrome 56の暗号化処理アップデートにより、BlueCoatを使う数千のマシンが接続不能に」 news.softpedia.com Google Chromeのバージョンが56になったことで、シマンテックのBlueCoatなどのプロキシ環境下で、通信が不可能になりました。この製品は、学校で…

RIAA等、ISPにフィルタリングを求める

先日英国で、検索エンジン側と著作権団体との間で、海賊版へのリンク順位を低下させる協定が結ばれましたね。 gigazine.net 一方、米国ではRIAA等がDMCA(デジタル・ミレニアム著作権法)を改訂し、プロバイダ側でフィルタリングを実施させるべきだ、という…

FCC新議長、通信業者への規制の撤廃へ

米FCC(連邦通信委員会)は、オバマ政権下ではTom Wheeler氏が強力な消費者保護政策をとっていましたが、トランプ政権で新たに任命された新議長Ajit Paiは、かなり通信業者寄りの政策を進めています。 最近だけでも(ソースは偏りますが)次のような記事が次…

欧州プライバシー保護機関、改めてWindows10の問題を指摘

「EUのプライバシー監視部門、Windows 10(データ収集)設定に対して依然として懸念」 www.reuters.com Windows 10のデータ収集問題について、EUの「データ保護指令第29条作業部会(Article 29 Working Party)」が、新たに厳しい目を向けています。 「提案…

USB Killerが「V3」に。USB-CやLightningにも対応

「USB Killer、大半のLightningやUSB-C搭載デバイスを焼き切れて55ドル」 arstechnica.com しばらく前に、USBポートにさすことでPCなどを破か……もとい、「テスト」できるUSB Killerというデバイスが販売され話題になりましたが、このたび「V3」になりました…

Androidの脆弱性、実際の影響はほぼ皆無?

「Google、Androidの『甚大な』Stagefright脆弱性は『影響は皆無』と主張」 www.theregister.co.uk 先日(2/13-17)行われたRSAカンファレンスUSAにて、Androidのセキュリティを管轄するAdrian Ludwig氏が発表を行い、Stagefright脆弱性による実際の影響は何…

ジャーナリストらを狙う丁寧なソーシャルハック

「サイバー諜報作戦の中心にいるミステリアスな女性」 www.bleepingcomputer.com 中東のカタールでは、2022年のFIFAワールドカップのために、多数の施設が建設されつつありますが、それを担う労働者は多くが南アジアからの出稼ぎで、不当な契約により搾取さ…

ブラウザをまたいだ追跡技術が発表される

「複数のブラウザを縦断したネット上の活動、追跡可能に」 thehackernews.com オンライン上の行動追跡といえば、最初に思い浮かぶのはCookie、加えて様々なパラメータを総合したフィンガープリンティング(fingerprinting)があります。後者はAmIUniqueが有…

Eto.FormsのExpanderをXAMLで

前回のExpanderについて、XAMLで書いてみます。 結果(アプリケーションの見た目や動作)は前回と似ています。

ASLRへのJavaScriptによるサイドチャネル攻撃手法が開発される

AnC - VUSec(攻撃手法開発者による記事) https://www.vusec.net/projects/anc/ (紹介記事) 「JavaScriptによる攻撃、22のCPUアーキテクチャのASLRを破る」 www.bleepingcomputer.com ASLRは現代のコンピュータセキュリティにおける基本機能の1つです。し…

Appleのブラウズ履歴保存とSignalのiOS「CallKit」対応

Appleが、ブラウズ履歴を(たとえ削除操作を行っていても)少なくとも1年はiCloudサーバに残していた件が、先日話題になってました。 日本語で扱っているのは、iPhone Maniaなど、なぜかごく少数ですね。 iphone-mania.jp 拡散元のForbesの記事は無料では見…

Eto.Formsで展開型パネル(Expander)

ここまでで、Eto.Formsの主要なコントロールの多くは紹介してきたつもりです。 しかし、他にも紹介していない項目もあります。 今回は、公式APIにも載っていない(入れ忘れ?)コントロールであるExpanderを紹介します。

無防備な人々

「私のおかしなメールアカウントこそ、セーファーインターネットデーが必要な証左だ」 www.theverge.com 著者(Tom Warren氏)のOutlook.comアドレスは、ちょっと変わっているのだそうです。さしずめ、tomあっとoutlookどっとcomなんでしょうか。 とにかく、…

Miraiを感染させるための「Windows用」マルウェアが登場

「新しいWindows用トロイの木馬はMiraiマルウェアを拡散させ、さらなるIoTデバイスをハックする」 thehackernews.com Windows用のMirai拡散ツールが登場したようです(Dr.Webの命名ではTrojan.Mirai.1)。Miraiは、既に何回も言及していますが、史上最大のDD…

米ミルウォーキー郡、ポケモンGO的アプリによる公園利用を許可制に

「ミルウォーキー郡、ポケモン(GO)等に公園利用許可を要求へ」 www.jsonline.com 米国ウィスコンシン州のミルウォーキー郡(都市として有名ですが、ここでは「郡」です)の行政委員会は、「ポケモンGO」のような「位置情報に基づくARゲーム」に対して、同郡…

さらに広がるバグ・バウンティ制度

ダークネットもバグ・バウンティ 先日、ダークネットの闇市場が脆弱性発見者に金を払ったという話がありました。 mokake.hatenablog.com これを見て、他のサイトではバグ・バウンティを制度化しつつあるようです。 「ダークネットのマーケット、バグ・バウン…

GoogleによるKrebsOnSecurity保護の背景

昨秋(2016年9月)、ブログ「KrebsOnSecurity」がIoTボットネットの非常に強力な攻撃を受け、Akamaiが対応しきれないと判断、その後Googleが「Project Shield」を適用して復活した、という件がありました。 先日、Enigmaセキュリティ会議において、Google側…

伊Hacking Teamハッキング事件の容疑者が逮捕

「'Hacking Team'をハックしたとされる容疑者が逮捕」 thehackernews.com イタリアのHacking Teamは、警察など政府機関にクラックツールを販売する企業。2015年に何者かにより侵入され、クラックツールのソースコードや商売上のやり取りなどの内部データが流…

ペンタゴンのサーバ、簡単に侵入可能な状態で放置

「セキュリティ上のミスにより、ペンタゴンのシステムは『簡単に』攻略可能な状態」 www.zdnet.com ペンタゴン(米国防総省)といえば昨年脆弱性報奨金制度(バグ・バウンティ)を実施していましたが、だからといってセキュアというわけでもないようです。 …

米、裁判所の新ソフトウェアが不適切で誤認逮捕が多数発生?

「不適切な裁判所のソフトにより間違った逮捕が続いていると弁護士が主張」 arstechnica.com 米国のいくつかの裁判所で、Tyler Technology社によるOdyssey Court Managerというソフトが採用されているのですが、そのソフトの不具合により、誤認逮捕や不適切…